賛助会員

暴力相談のお知らせ

次回の民暴弁護士等相談は

2月13日 PM1:00〜

です。


愛媛県警察官募集

詳しくは↑

すだちの剪定

 平成5年、お椿さんで、スダチの苗木を購入、庭に植えて27年が経ちました。
 夏には、アゲハチョウの幼虫が葉を食べ、黒地に白マダラのカミキリムシが居るのを見かけておりましたが特に気にしておりませんでした。
 令和元年は、これまでになく大量に結実しましたので、半分位収穫し、残りは枝に着けたままにしていましたが、年が明け、花を咲かす春に向け、実を全て摘果しました。
 2月に入り、日を当てるために剪定を行いましたが、枝分かれした木の上から3分の1くらいのところが、多分、カミキリムシだと思いますが、何かにかみ砕かれたかのように、表面が木くずを吹いており、何か所も穴が開いておりました。
 その部分をバッサリ切り落とすと、スダチの木は、元の半分くらいの大きさになってしまいましたがすっきりとしました。
 スダチが何年位着果させるのか分かりませんが、やはり、何年もすると、確実にどこかが朽ち果ててくる。
 暴力団排除も同じで、暴力団対策法の改正や、暴排条例の制定等によって、「警察対反社」から「社会対反社」の構図になっておりますが、新しい勢いを生むためには常に樹木の選定のように、切り取るべきところは切り取って、新たな対策を強力に推進していく必要があります。
 その事を念頭に置き、暴力団被害者、暴力団離脱者やその家族等の駆け込み寺としての活動はもとより、悪質、強烈なハードクレーマーに対する対応要領等に取り組んでまいりますので、より一層の御支援とご協力をお願い申し上げます。


★賛助会員様へのお願い★

 今年度最初の照会の際には、誓約書の提出をお願い致します。
◆【重要】誓約書の提出について(提出前に必ず確認してください)誓約書について
◆事務所所在地、代表者等変更した場合は速やかに変更届の提出をお願い致します。


暴追センターFacebook